イベントにぴったり個性的なクラスTシャツ

学生のクラスやサークル活動でのイベントの際、おそろいのクラスTシャツを作成し身に着けることによって様々なメリットがうまれます。まずは、メンバーの一体感が図れること。同じクラスTシャツを着ることで仲間意識が増しますし、他のクラスとの差別化も図れます。また、周囲からも一目瞭然に所属するグループが分かります。また、クラスTシャツをオリジナルで作ることで、そのクラスのイメージや個性をTシャツによって表現することが可能になります。Tシャツのデザインによってそのイベントの内容も表現できますし、Tシャツにクラスのメッセージをこめることも可能です。最近では、オリジナルTシャツを作ることのハードルが低くなり、その目的によって自作やショップへの依頼など、いくつかの選択肢の中から選んで、自由にTシャツ作りを楽しむことができます。

オリジナルなクラスTシャツを自作する

クラスTシャツを作る方法には、自宅で作る安価に仕上げる方法とショップに依頼して本格的なTシャツを作る方法があります。ここでは、自宅で手軽にできる方法を紹介します。準備するものは、Tシャツ・転写用のアイロンシート・アイロンです。パソコンで作成したデザインをプリンターでアイロンシートに印刷し、アイロンを使ってTシャツに転写すれば完成です。これは、最も簡単で安価な作成方法で、綿素材のTシャツとの相性が良くクリアに仕上がります。その他に、少し上級者向けのシルクスクリーン法は、クラスTシャツを作るのに向いているかもしれません。カッティングシートを使って版を作り、アクリル絵の具などで色付けして作成する方法ですが、一度版を作っておけば、同じ図案で複数枚作成できるので、おそろいのクラスTシャツ向けと言えます。

ショップ利用で完成度の高いクラスTシャツを手に入れる

クラスTシャツをハイクオリティで耐久性にも優れた仕上がりにしたい場合には、ショップを利用して作成する方法もあります。自作の場合よりもコストがかかる場合もありますが、ハイクオリティで耐久性にも満足できるクラスTシャツを手に入れることができるので、コストパフォーマンス的には決して悪くはありません。デザイン制作に自信がある場合や、よりオリジナリティを重視したい場合には、自分で作成したデザインを持ち込んでWEB上にアップロードして依頼することもできるので、自作Tシャツの「プリント」部分をハイクオリティに仕上げるという感覚で依頼できます。逆に、自分でデザインすることに不安がある場合には、ショップにイメージを伝え、プロにデザイン作成をしてもらうことも可能です。Tシャツ生地やカラーはたくさんの種類の中から選択できるので、デザインは同じでカラーだけは個人の希望に合わせることなども簡単にできます。